メニュー

無痛分娩

無痛分娩とは

痛みを軽減しながらお産をすることです。様々な方法がありますが、当院では硬膜外鎮痛法による無痛分娩を実施しています。産痛が強くなったら、背中に硬膜外分娩に使うチューブ(硬膜外カテーテル)を入れる注射をします。その後、硬膜外カテーテルから麻酔薬を入れて産痛を和らげます。

 

メリットとデメリット

メリット

陣痛や分娩前後の痛みを軽減することが最大のメリットです。また、体力温存できるため、出産後早期からの育児に備えることができます。

デメリット

どのような医療行為も100%安全ということはありません。一般的に「無痛分娩」は安全と考えられていますが、麻酔による合併症が起こる可能性があります。当院では責任を持って麻酔管理をさせて頂きます。

無痛分娩ではお産がゆっくり進行することが多いため、分娩時間が長くなることがあります。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME