メニュー

妊娠前

妊娠・出産は素晴らしい奇跡の瞬間だからこそ正しい知識を得て

新しい生命を迎え入れるための正しい心構えを―

妊娠は病気ではありません。だからこそ実は病気よりもはるかに多くのさまざまな知識ときめ細やかな配慮、環境の整備等が合わせて必要となります。“妊娠さえすれば、後は自動的に幸せになれる”とお考えであるならばそれは断じて違います。これから妊娠をお考えの方は今一度、ご家族みなさんでこれからの家族のあり方についてもしっかりと議論を重ね、自分なりの明確なイメージと覚悟を持って臨まれることが大切です。

■妊娠に伴う心身の変化について

  • 治療対象となるべき変化とならないものがあります

女性の身体は非常にデリケートです。特に妊娠期における女性の身体の変化は著しく、今までにない感覚や異常を感じやすくなります。妊娠は病気ではありません。治療の対象となるべき異常とならないものとの線引きを、専門知識に長けた医師やスタッフたちが正しく見極め、必要に応じた対処を迅速に行う必要があります。もしお感じになられている変化が何かあるのならば、できるだけ詳細にすべて素直にお話しいただければと思います。恥ずかしいと感じることも、変に気を使われて言葉を濁す必要もありません。今お感じになられている感覚や感情をそのままに私たちにダイレクトにお伝えいただければと思います。

  • メンタル面でも大きな変化が表れやすくなります

いざ妊娠を希望されて以降も、不安で気持ちが波立つ方は大勢いらっしゃいます。

たとえば

・無事に出産を迎えられるのだろうか

・母体や胎児に異常が起きないだろうか

・もしも異常が起きたらどうすればよいのだろうか

・母乳ははたして出るのだろうか

・自分に子育てはできるのだろうか  など

先々にわたるご自身への不安と赤ちゃんへの思いが複雑に入り乱れます。その際にぜひ忘れていただきたくないことは、「家族をユニットとしてとらえる」ということです。ご家族の中に新たに一人の方を迎え入れるという風にぜひ前向きに考え、ご準備いただければと思います。

■第二子以降の妊娠についてのご相談も広くお受けいたしております

第二子以降の出産をお考えの方もお気軽に当院にご相談いただければと思います。特に、過去に妊娠を経験された方で合併症や異常等の不安があった方へは、より良い身体管理(血圧・体重・食事管理など)についての指導やアドバイスも行っております。内科的な治療とも並行しながら、万全を期して妊娠に臨む体制作りを整えることはとても重要なことです。また、現在の育児環境について不安をお感じの方には、カウンセリングや行政との連携も踏まえながら個別のご相談に応じています。

■生殖医療をご希望される方のご要望にも専門性高く対応いたしております

昨今、生殖医療は非常に多くの方が求められています。当院でも希望される患者さんに対しては利便性やコンプライアンスを重視した体制作りを整えております。専門性の高い治療をご提供できるように、さまざまな新しい技術や研究を積極的に取り入れて幅広いニーズにお応えいたしております。例えばこれから抗がん剤治療に臨まれる方など、将来妊娠を望まれる方のさまざまなご事情や背景にも深く寄り添った最先端治療技術をご提供いたしております。カウンセリング等を含め、さまざまなご質問にも専門スタッフが広くお答えいたしております。正しい知識と情報をお伝えすることもまた当院の果たすべき大きな役割と考えております。いろんな家族のあり方を応援しています。詳しくはこちらへ(※高度生殖医療センターへのリンクを入れてください)

患者さんの人生設計において最善の選択とは何かをともに考え続けられるクリニックでありたいと私たちは切に願っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME