奈良県 桜井市 【赤崎クリニック 高度生殖医療センター】 不妊治療

HOMEお問い合わせ交通アクセス
赤崎クリニック 高度生殖医療センター産科・婦人科・内科0744-43-2468
高度生殖医療センターTOP診療内容と料金表不妊に関する基礎知識産科・婦人科・内科

不妊に関する基礎知識

不妊症とは

一定期間、正常な夫婦生活を営んでいるにもかかわらず、妊娠しない状態をいいます。
この期間を、国際産婦人科学会、日本産婦人科学会では2年間と提案しています。これは、新婚夫婦のうち1年で約80%、2年で約90%が妊娠するという累積妊娠率にもとづく考え方です。

不妊症の原因が、女性側にあるときを『女性不妊』、男性側にあるときを『男性不妊』と呼び、その割合は、半々といわれています。

女性不妊のなかで排卵障害によるものが約1/3、卵管・腹膜不妊(卵子の移送障害)が約1/3、その他の原因が残り約1/3の割合といわれています。 男性不妊では約9割が造精機能障害で、精子をうまく作れない状態をいいます。その他では精子移送障害が重要な病因です。
これは、造精機能には特に問題はないのですが精路(精子が通る管)が、塞がっているために、無精子状態になっています。

一般不妊治療とは

2年間における一般不妊治療で妊娠した患者さんは、患者さん全体の半数以下にしかなりません。この数字は、妊娠した患者さん全体の90%以上を占めるため、一般不妊治療の限界を表していると考えられます。
そこで、さらに効果的な治療法(高度生殖医療)が必要と考えられます。
一般不妊治療には、性交指導、人工授精(AIH)、クロミフェン療法、ゴナドトロビン療法、黄体期機能不全に対するホルモン療法、hCG療法、ブロモクリ ブチン療法、子宮・卵管に対する手術療法、子宮内膜症に対する治療などがあります。また、特に男性不妊症に対する薬物・手術療法もあります。

(1)一次検査
男性 : 精子検査・血液検査(テストステロン・PRL・LH・FSH)
女性 : 身長・体重・尿蛋白・尿糖・子宮がん検診(頚部)・帯下細菌検査・クラミジア抗体

月経期 検査内容
卵胞期 基礎体温
超音波【随時】(卵胞径の計測)
血液検査(ホルモン測定)
・LH [黄体刺激ホルモン] ・FSH [卵胞刺激ホルモン]
・P [プロゲステロン:黄体刺激ホルモン]
・E2 [エストロゲン:卵胞ホルモン]
・PRL [プロラクチン:乳汁分泌ホルモン]
・T3、T4、TSH [甲状腺、甲状腺刺激ホルモン]
・血糖
・抗精子抗体
卵管造影
排卵期 基礎体温
超音波【随時】(卵胞径の計測)
頚管粘液
尿検査 [LH]
ヒューナーテスト
黄体期 基礎体温
超音波【随時】(卵胞径の計測)
血液検査(ホルモン測定)
・P [プロゲステロン:黄体刺激ホルモン]
・E2 [エストロゲン:卵胞ホルモン]

(2)二次検査
LH-RH試験・TRH試験

(3)不育症検査

a)免疫学的検査
抗核抗体・抗DNA抗体・RF・抗SSA抗体・不規則抗体検査・
抗リン脂質抗体
・ループスアンチコアグランド(LA)
・抗カルジオリピン(CL)抗体
・抗フォスファチジルセリン(PS)抗体
・抗フォスファチジルエタノール(PE)抗体

b)血液凝固系検査
血小板・MPV(mean platelet volume)・APTT・PT・TAT・α2-PIC・第12因子活性・プロテインC活性・
プロテインS活性

(4)その他
染色体検査・ヒト組織適合抗体・CA-125など

高度生殖医療とは

一般不妊治療で期待した結果が得られない場合、選択のひとつとして高度生殖医療という方法があります。

(1) ART不妊治療
ART(Assisted Reproductive Technology)とは、人為的
に胚、配偶子の操作を行って受精を補助する方法です。

その中で高度生殖医療の一部をご紹介します。

IVF-ET:体外受精 胚移植法
GIFT:卵管内配偶子移植法
ICSI:顕微授精法(細胞質内精子注入法)などがあります。


例えば、体外受精―胚移植法は、卵子と精子を体外で受精、培養し受精卵となったものを子宮に戻してやる治療です。これは自然の妊娠において卵管の中で起こっていることです。
IVFに必要な操作は、複数の良好な卵子を採取するための排卵誘発があり、精子・卵子の採取、培養、受精、胚移植、黄体期ホルモン補充を実施します。

(2) 体外受精における排卵誘発法

排卵誘発剤:スプレキュアを併用する意義

【その作用】
1:投与初期において一時的に下垂体からゴナドトロビン
   (LH/FSH)の放出を増加させます。(卵巣の刺激)
2:自然排卵(LHサージ)を抑えます。

【使用目的】
1:自然排卵(LHサージ)を抑制して体外受精のキャンセル率を低下させるとともにhCGの投与により、
    採卵日、採卵時刻をコントロールできます。
2:排卵誘発剤に対し反応が低い症例でも作用@を利用して良好な排卵誘発が期待できます。

【1】Assisted Hatching

PZD法
mechanical partial / zona dissection / 機械的透明帯開孔法

ZD法
chamical zona drilling / 科学的透明帯開孔法

ZT法
zona thinning / 透明帯菲薄化法

【2】胞胚培養
【3】卵・精子・胚凍結保存

男性不妊症とは

IVF―ETと男性因子不妊には環境ホルモン説、ストレス説、その他があります。

男性不妊の原因は、造精機能障害が約9割を占め、そのほとんどが原因不明(性)の造精機能障害です。他に精索静脈瘤、精路の閉塞などがあげられます。 男性不妊の治療は、薬物療法、外科的治療法、補助生殖技術(ART)などです。 精子側条件からみた男性不妊の治療は、人工授精、体外受精、顕微授精です。

男性不妊症とは

顕微鏡治療法
受精障害があるとき透明体に切開を加えたり、精子を直接卵細胞に入れるなどの方法で、受精を促進する方法です。
いま主流となっている方法はICSI(細胞質内精子注入法)です。

顕微授精の医学的適応

(1)重症精子減少症
(2)精子無力症
(3)精子奇形症
(4)重症精子減少症、精子無力症および精子奇形症の合併症例
(5)精子の透明帯/卵細胞膜の貫通障害
(6)抗精子抗体陽性
(7)不動精子

※治療方法については、いろいろございますのでお気軽にお問合せ下さい。
医師と相談の上、それぞれにあった治療を進めていきましょう。

予約受付時間
PAGETOP
産科・婦人科・内科0744-43-2468産科・婦人科・内科0744-43-2468
Copyright c 2013 AKASAKI Clinic. All Rights Reserved.
赤崎クリニック